「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:フルート( 16 )

アンサンブルの愉しみ

f0084723_1120345.jpg

マンハイムのオーケストラのピッコロ奏者、小川隆さんとの、アンサンブル。
[PR]
by vinofl19162 | 2008-09-11 11:22 | フルート

ジャック・ゾーン

共演を終えて  石橋衣里 (日本フルート協会会報、1999.2.20号より転載)

 ジャック・ゾーンという、豆の木にでも登ってしまいそうな名前のフルーティストの演奏を初めて聴いたのは、CDを通してでした。ああ、なんて美しいうたを吹く人だろ……‥‥!とびっくりしたのが第一印象。97年のフルートコンベンションでの共演を前にして、一体どんな人なんだろうと思いをふくらませました。R.シュトラウスのヴァイオリンソナタという難しい曲を、マチネーの前日夜に来日して一回のリハーサルでやってしまおうなんて考える人は、もしかしたらとんでもなく恐い人なんじゃないこた、ドキドキしながらその日を待ちました。
 ところが、やって来たのは見上げるように背の高い、びっくりするほど素朴で優しい人でした。ほとんど話しをすることもなく穏やかにリハーサルは進み、明朝9時半のゲネプロでということでお別れしました。
 翌日会場で会った彼は、さっきまで寝ていた目をこすりながら、美味しいコーヒーでもいれるようにフルートをふいて、翌日どこか他の国へ行ってしまいました。
 そんなわけでこの時私たちは、お互いほとんど何も話すことなく別れてしまったので、翌年再び彼と共演することが決まった時にも、まだ彼がどんな人なのかまったくわからなかったのでした。
 10人兄弟の8番目に生まれて、家族はみんな音楽を愛し、子供のころはそれぞれが部屋の四隅で、トランペットやヴァイオリンを練習し、宿題をしていたこと。
 なぜフルートを始めたかといえば、他のどの楽器でもなく、ただフルートだけが魔法のような力で自分をとらえってしまったこと。
 そして、『考えたことないかしら‥‥』と質問の言葉を探す私に、『他の仕事をしてみようって?ない!!』
 好きな作曲家は、バッハとシューベルト。
 好きな指揮者は、アッバード。
 好きなピアニストは、ディヌ・リパッティとラドゥ・ルプー。
 好きな画家は、モネ。
 好きな映画俳優は、チャーリー・チャップリン。
 好きなビールは、エビスビール。
 納豆だけは苦手だったけれど、『あと何回かトライしたら食べられるようになるかも。
 きっとなるかも……』
 そして、初対面ではとても礼儀正しく節度を守るのに、仲良くなってお酒を飲むと、あんなになっちゃうニッポン人タチを、彼は大好きなのだそうです。
 彼の音楽は、とても沢山の人に愛されていると思います。いろいろな国のフルーティストと話しをしていても、ジャック・ゾーンという笛吹きにたいしては、一様に心からの共感を聞くことがでします。ところが、あの人があなたの演奏にあなたの演奏にこんなに感動していた、この人も、あなたの音楽をこんなにあいしている、と話をしてもとうの本人は『‥‥‥まさかぁ‥‥‥]と照れて首を横に振るばかりです。天下のボストン・シンフォニー・プリンシパルのリアクションに、私は少しびっくりしたのでした。
 彼が自分で造った頭部管を吹いているのは、皆さん御存知化と思います。その頭部管の歌口を削る棒状のヤスリをいつも彼はポッケに入れていて、新幹線の中でも、コンサートの前でも、そして一曲終えて舞台のソデに引っこんで来た時にも、カシカシカシとけずっているのです。そうして、フッと削り節を吹きはらってまたステージへと出かけて行く彼に、言葉にはならない、音楽への広くて自然な愛情の深さを感じました。
 ジャック・ゾーンがどんなに美しい音楽を吹くかは、皆さんがきっと良く御存知だと思います。このようなフルーティストと共演する好機に恵まれて、その人柄を皆さんに、少しだけおすそわけしようと思い書きました。
 お弁当を配られると、『こっちの方が大きいよ。大きいのを君にあげるよ。』と言ってくれる豆の木ジャックは、ヴィヴァルディのニ長調協奏曲に出てくるシシリアーノのように、ほんとうに暖かく、優しい時間を置いていってくれました。
[PR]
by vinofl19162 | 2007-01-04 21:41 | フルート

ハイドン「月の世界」

12月2日(土)、11月11日に始まった、北とぴあ国際音楽祭2006の、メインのプログラムハイドンの歌劇「月の世界」を見てきました。
指揮は:寺神戸 亮。
演出:「ウルトラマン」「ウルトラセブン」等を監督した、実相寺 昭雄、そして三浦 安浩。 
管弦楽:レ・ボレアード。
北区の要望で、区民にも分りやすい演出をということで、漫画的なものを取り入れたり、確かに分りやすい演出ではありました。
【その実相寺さんは、11月29日に、亡くなられたそうです。】

自分の家に天体観測室を持っている哲学者が、2人の美しい娘を持っているお金持ちのけちん坊をペテンにかけて、月の世界へやって来たと思い込ませるはなしですが、ハイドンの時代に、月の世界へ行くという発想が、既にあったのが面白いですね。

あるメーリングリストで、コメントを頂きましたので、引用しておきます。

『この時代。人類の「月」に関する知識も増えており、
科学史的な視点からも、このハイドンの作品には、関心を持たれているそうです。

16世紀にはケプラーが月旅行のSFを書いていまして(たぶん、世界最初の月旅行のSF)
これまた興味深い本でした(ケプラーの夢というタイトルで講談社から文庫で邦訳がでています)。』
池末氏、のコメントから引用。

お金持ちの2人の娘、クラリーチェとフラミニアの役は、クラリ−チェが野々下由香里さん、フラミニアには森 麻季さんがあたっていましたが、森 麻季さんの音楽には本当に、度胆を抜かれました。近くで見ると、小柄でスレンダーな方ですが、どこからあんな声がでるのだろう?という感じでした。ご主人は、イタリア人でプロンプターでご出演なっさっていました。こちらも素敵な方!


同じメーリングリストから森 麻季さんについて、
『読売新聞に先日掲載されていたインタビューも印象的でした。
カトリックに入信しておられ、
音楽家である自分を神の仕事の器と感じておられるんですね。
信者として音楽の仕事をそう考えている、というよりも、むしろ逆に
音楽家としての実感から入信された、という感じ。
音楽するたびにそのように実感して働けるって、
うらやましいことだと思います。』
内科・漢方診療 銀座内科診療所、九鬼院長のコメントより引用。

more
[PR]
by vinofl19162 | 2006-12-12 01:52 | フルート

11月 菊池香苗コンサート予定

2006/11/3(金、祝)第3回ツナシマ・ミニコンサート
     フルートトリオとの午後

  時間 午後3時

  場所 湯島ツバシマ第2ビル
      ダイヤホール
 
  出演 フルート 谷田部泰子
          菊池香苗
          野牧弘周

  曲目 ボアモルティエ フルートトリオ
     アルビージ   ミニチュア スウィート2番
     赤とんぼ、スラヴ舞曲、マドリガル、少年時代 ほか

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2006/11/4(土)音楽鑑賞教室  非公開

 東京アーク管弦楽団 (プティット・オーケストラ)

 埼玉県羽生市立岩瀬小学校

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2006/11/6(月)&9(木)国際親善交流特別演奏会
          「障害者週間」東欧音楽家支援 
   日本・ブルガリア文化交流演奏会

  11/6(月)18時開演
    札幌市教育文化会館 大ホール
  11/9(木)18時開演
    東京芸術劇場 大ホール

  指揮 及川光悦

  ピアノ アレクサンダー・ライチェフ

  フルート 高広幸子(東京公演のみ)

  オーケストラ  モーツアルト・ヴィルトウーソ管弦楽団

  お話 中原ひとみ(東京公演のみ)

  曲目 モーツアルト ピアノ協奏曲
            フルート協奏曲(東京公演のみ)
            「ドン・ジョバンニ」序曲
     ブラームス 交響曲第2番

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2006/11/7(火)東京芸術大学 古楽科修士リサイタル

  時間 17:30

  場所 東京芸術大学 第6ホール

  出演 大学院生 チェンバロ 郡司和也
          バロック・ヴァイオリン 天野寿彦
          バロック声楽 居森優子、小澤淑恵
     チェンバロ 戸崎ひろ乃
     フラウト・トラヴェルソ 菊池香苗
     バロック・ヴァイオリン 三輪真樹
     リュート 佐藤亜紀子
     ヴィオラダガンバ 桜井茂

  曲目 クレランボー 「オルフエ」
     パーセル、バッハ、ダングルベール ほか 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2006/11/12(日)モーツアルト記念合唱団

  時間 14:00

  場所 すみだトリフォニー

  曲目 J.S.Bach 「ロ短調ミサ」

  指揮 津田

  合唱 モツアルト記念合唱団

  オーケストラ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2006/11/19(日)北九州聖楽研究会 公演

  時間 16:30

  場所 小倉厚生年金会館ホール

  曲目 バッハ ブランデンブルク協奏曲5番
         マニフィカト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2006/11/21(火)クラシック化計画

  時間 20:00 

  場所 ライブハウス in F
大泉学園駅

  出演 フルート菊池香苗
     チェロ 翠川敬基
     ピアノ 塚本瑞恵

  曲目 プーランク フルートソナタ
     リヴィエ ソナチネ
     フォーレ ピアノトリオ
      ほか

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2006/11/30(木)バンドネオンソロ

  時間 19:30

  場所 ビストロサンジャック
      荻窪駅北口 徒歩7分
     03(3393)2639

  出演 フルート 菊池香苗(ゲスト)
     クラシカルバンドネオン 生水敬一朗

  料金 2500円とワンドリンク

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(詳細判り次第更新します。かなえ)

  




  

  
[PR]
by vinofl19162 | 2006-11-03 09:26 | フルート

パール60周年おめでとうございます

パール楽器、打楽器の世界では世界的に大きなシェアをもっています。
打楽器を作って、60年、フルートも50年以上の歴史があります。
その記念コンサート、ハンガリーを代表するフルーティスト2人。
ヤーノシュ・バーリントとカタリン・クラマリッチ。ピアノはフルート石橋正治先生のお嬢様、石橋衣里さん。

f0084723_11264657.jpg

プログラム
ベーラ・バルトーク:ハンガリ−農民組曲
ミクローシュ・コチャール:Sound and Color Play(戯れ〜色・色彩)
アンドレ・ジョリベ:リノスの歌
フランツ・ドップラー:ヴァラキア地方の歌 作品10
フリ−ドリッヒ・クーラウ:大協奏三重奏曲 ト長調 作品119
ヘンリー・ヴィエニヤフスキー:スケルツォ・タランテラ 作品16
フランツ・ワックスマン(ヤーノシュ・バーリント編):カルメンファンタジー
フランツ&カール・ドップラ−:ハンガリーの主題による幻奏曲 作品25

バーリントは前にも聴いた事があるが、今回のほうが、数段によかった。
前はただ楽しそうに吹きまくる演奏だったが、音楽的な内容がでてきて、深みが増したような感じ。この年になっても、成長を続けているんだと思って、感動した。素晴らしかったです。
バーリントは日本フルート協会の、海外演奏旅行ハンガリー公演の時に、菊池香苗とチマローザの2本のフルートの為のコンチェルトを共演していただいきました。
その後、お宅にも招いていただいて、楽しい一時でした。
f0084723_112733.jpg
演奏会後のレセプション。
バーリントと石橋衣里さん。

f0084723_11271952.jpg
バーリントとカタリン、ピンぼけですが。
カタリンは、顔が小さくてキュート!

プロフィール
ヤーノシュ・バーリント
ハンガリ−国立交響楽団首席奏者・リスト音学院教授を経てドイツ国立デトモルト音楽大学教授
カタリン・クラマリッチ
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団首席奏者
[PR]
by vinofl19162 | 2006-11-02 11:28 | フルート

パール60周年 記念演奏会

フルートデュオ リサイタル

2006年11月1日(水)東京 浜離宮朝日ホール
開演7:00PM

フルート:ヤーノシュ・バーリント、カタリン・クラマリッチ
ピアノ:石橋衣里

1.B.バルトーク:ハンガリー農民組曲
2.M.コチャール: sound and coler play
3.A.ジョリベ:リノスの歌
4.F.ドップラー:ヴァラキア地方の歌
5.F.クーラウ:大協奏三重奏曲
6.H.ヴィエニャフスキー:スケルツォ タランテラ
7.F.ワックスマン:カルメンファンタジー
8.F.ドップラー&K.ドップラー:ハンガリーの主題による幻想曲

入場料:一般¥1,000 学生¥500

主催:パールフルート 後援:日本フルート協会 ハンガリー大使館

ハンガリーが生んだ世界のトップフルートアーティスト、
ヤーノシュ・バーリントとカタリン・クラマリッチによる
パール・アニバ−サリ−コンサート。
優雅で情熱的なヨーロッパの響きを
たっぷりとお楽しみください。

だそうです。入場料にはびっくり。
[PR]
by vinofl19162 | 2006-09-15 14:54 | フルート

2006年 6月  菊池香苗コンサート予定

2006/6/15(木)音楽鑑賞教室(非公開)

      東京アーク管弦楽団(プティトオーケストラ)
  
      三鷹第七小学校

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2006/6/17(土)慰問公演(非公開)

      フルート  菊池香苗
      クラシカル・バンドネオン 生水敬一朗

      介護老人保健施設やまざくら

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2006/6/23(金)慰問公演(非公開)  

      三鷹 コミュニティセンター

      13:30~14:30

     「ひまわり第三作業所」音楽活動

      ピアノ&音楽療法 沢田綾子
      フルート       菊池香苗

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2006/6/26・27・28日 音楽鑑賞教室(非公開)

      バッハ・コレギウム・ジャパン


      曲目   バッハ  ロ短調ミサより
                    キリエ グローリア

                  管弦楽組曲第2番

    26日(月)昭和女子大
    27日(火)聖学院
    28日(水)桐蔭学園

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2006/6/30(金) クラシック化計画 in F

  場所 ライブハウス 「in F」
        大泉学園駅 北口より徒歩5分
         03(3925)6967 
         練馬区東大泉3-4-19津田ビル3階
        http://homepage2nifty.com/in-f/

     時間 20:00~

     チャージ 3000円&ドリンク代

     出演 フルート  菊池香苗
         チェロ   翠川敬基
         ピアノ   塚本瑞恵

    曲目 ラフマニノフ 「チェロソナタ」
        ベートヴェン 「ピアノトリオ」
        ハチャトリアン 「ヴァイオリンコンチェルト」
           (フルート版)
        ヴィラ・ロボス 「ジェットホッスル」
                 「ブラジル風バッハ6番」  
[PR]
by vinofl19162 | 2006-06-12 13:30 | フルート

レセプション

マチュー・デュフォー、リサイタル後のレセプション。
なぜか、大御所が来ていた。
ヤッコちゃんとなべさだ、の図。
f0084723_939389.jpg

デュフォーの写真も撮ったのですけど保存忘れて消えてしまった。
[PR]
by vinofl19162 | 2006-04-26 09:43 | フルート

バッハ・コレギュウム・ジャパン

4/8ミューザ川崎シンフォニーホールでのリハーサル
(バッハコレギウムジャパン、マタイ受難曲初稿版のコンサート)
K.K
f0084723_2101599.jpg

[PR]
by vinofl19162 | 2006-04-09 21:01 | フルート

ミッシェル・ダマース

パリの煌めき 
のコンサ−トの後のレセプションで
f0084723_1772426.jpg
f0084723_1773690.jpg

かわいい、おちゃめなおじいちゃんです。

▲ # by vinofl1916 | 2005-12-03 13:27 | 日
[PR]
by vinofl19162 | 2006-03-23 17:07 | フルート